2008年07月17日

Geotagging Photos with iPhone: たのむよ、アップル!

iPhoneにGPSがついた。GPSの反応は非常に良く、これを利用したGoogle Mapsは2クリックで気軽に自分が移動する様子を衛星写真上に表示することができるので非常に実用的でながめているだけでも楽しい。こういう機能はこれまでも携帯電話にあったけれど、メニュー奥深くにあったり、速度が遅かったり、周辺の地図をみるのに有料会員にならなければいけなかったり、上下左右しか表示できなかったりと、必要に迫られたときに覚悟を決めて使うものだった。しかしiPhoneは2クリックでスルスルみれるのが快感!


IMG_0002

移動にあわせてマップ上を動く!

で、当然写真にも撮影と同時に位置情報を付加することができるのだけれどもこれが本当に残念な仕様になっている。どういうことかというと、メールで送信すると大事なExif情報が破棄されてしまうので位置情報はもちろん、撮影したカメラの情報を写真につけて送ることができない!

カメラで撮った写真はiPhone内ではExifを保持しているのでiPhoto等でPCにコピーしてもちゃんとGPSで取得した位置情報を持っている。しかしこれではiPhoneからそのままFlickr等に写真を送る面白さがなくなるじゃないか。たのむよアップル!

もうひとつ、ずっと気になっていたのが位置情報をつけるかの確認画面。購入当初は毎回聞かれたのにあるときからさっぱりこの忠告が出なくなった。これ、どうやら設定の奥深く、リセット項目のところで表示非表示を設定できるようだ。といっても忠告が出ないだけで位置情報はしっかりついていたみたいだ。これはバグ?

photo.jpgphoto.jpg

Reset Location Warningsを押せばまた出るようになる


参考:


Apple Discussion



posted by harupiko at 22:32 | Comment()
コメント
comments powered by Disqus
number of comments:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。