2009年07月08日

Inkinessが気持ちいい

Fenrirの方から無料でアプリをもらえたのでiPhone用手書きメモアプリ、Inkinessをインストールしてみた。

タッチパッドに直接字を書いたり絵を描いたりするのはどうも苦手なのでこれまで手書きアプリのたぐいは使わないでいた。

書きにくいというのが第一にあるし、描かれる線自体もどうも不自然でいかにも画面上に書きましたという感じで嫌だった。

このInkinessはそこらへんを感圧センサーのないiPhoneでうまく解決してくれていた。

どういうアルゴリズムだかはよくわからないけれど、紙にペンで書いたような、抑揚のある自然な線が指先でかけちゃう。

IMG_0940

iPhone 3Gでは指の動きに若干遅れてついてくる感じがあるけれど慣れれば平気。3GSだと全く問題ない。

書くときのコツは爪先で書く感じで指をたてて書くとペン先を模したポインタが見やすくて書きやすい。

ただ線が書けるだけのシンプルなアプリで線を消す事すらできないけれど、メモ帳のような画面、書くときのペンが紙を擦る音、ページを捨てるときのアニメーションなど、細かいところが凝っていて書いていて非常に気持ちいい。目的なく線を書きたくなる。

左利きの為にペン先の位置を変える設定や画面の方向に応じてペン先の方向を変えるなど、必要なところは最低限押さえている。

機能が厳選されている分、パッと使えるので仕事中も使ってみようかな。


IMG_0939

お父さん

inkiness @itunes app store
Fenrir



posted by harupiko at 04:01 | Comment()
コメント
comments powered by Disqus
number of comments:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。