2012年09月04日

防水ハンディカムHDR-GW77Vがいい

先月のIFAで発表されたSONYのアクションカムが話題ですが、6月に発売された同じSONYのHDR-GW77Vもなかなかいいです。

IMG_4796

以前HDR-TG1を使っていたのですが、このGW77も同じ縦型のハンディカムです。ボディーも金属からプラスチックになり全体的に軽くなっています。

IMG_4802

HDR-TG1の欠点はとにかく広角が弱いところでした。焦点距離が35mm換算で43mm〜だったので、自分撮りやテーブルで対面の相手を撮るのも難しく別売のワイドコンバージョンレンズを着ける必要がありました(TG1用がなかったのでTG5用を無理やり)。

ところが今度のGW77Vは焦点距離が35mm換算で29mm〜になりようやく普通に使えるようになりました。

これだけでもTG1を買い換える価値はありますが、GW77VはさらにExmor-Rの採用と防水対応していて迷わず予約購入してしまいました!



上のビデオはフルオートで撮影したものですが、Exmor-Rのお陰で暗いところでもかなりノイズが少ない動画が撮ることができます。さらにマニュアルでLow Luxモードに切り替えるとより明るく撮れるようです。



一方の防水ですが、先日ようやく防水が発揮される日が来ました。上はその時に撮影したビデオですが、水中に潜る時のポコポコ音がたまらないです!まあ、実際は水中撮影する用途はほとんどないんですが... とりあえず水没を気にする必要がないので水かけの真っ只中から撮るのは目新しいです。

家庭用ビデオカメラに求めるのは何よりも機動性なのですが、そうなるとiPhoneとの差別化がなかなか難しくなってきます。HDR-GW77Vは機動性を失わずにiPhoneにはない防水性と明るさがあり、さらに手ぶれ補正と1080/60pの高画質で撮影できるので十分持って歩く価値があります。

この他にもスイングパノラマ、タッチフォーカス、GPSなどなどTG1にはない面白い機能があるのですが、まだ使い込んでいないのでそのうちに…




Posted from DPad on my iPad
posted by harupiko at 01:40 | Comment() | TrackBack(0)
コメント
comments powered by Disqus

この記事へのトラックバック
number of comments:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。