2012年09月27日

SONYの新しいReader, PRS-T2が安くて使いやすい

iPhone 5の発売日と同じ9月21日にSONY Reader PRS-T2が発売されました。

ソニーとしてはこれまでにない一万円を切る低価格だったのでちょっと期待して買ってみました。

IMG_4901

これまでKindle 3, Kobo touchと各社の低価格モデルを使ってきましたが、kindleは英語版なので日本語電子ブックリーダーは二機種目です。

手に持ってみた感じは他の二つより軽く、厚みもないので非常に持ちやすいです。



意外に使いやすいのがタッチによるスクロールとピンチインアウト。自炊した書籍もこれならなんとか読める感じです。



ソフトウェアキーボードでの日本語入力が結構快適。打ち間違えることはあまりなく変換も十分賢いです。

もちろん、電子ペーパーなのでキー入力のたびに画面書き換えが発生するのですが、それをほとんど感じさせないぐらいストレスなく打てます。

IMG_4303

気に入ったのがこの手書きメモ。本に直接書き込みができ、あとでメモ一覧から参照できます。

PRS-T2

そしてkoboにもkindleにもないのがこの日本語辞書アプリ。ジーニアス英和辞典、大辞林、New Oxford AMerican Dictionaryの三冊が入っていて、本のページの中の単語をタッチして辞書検索することができるだけでなく、辞書として単体でも使えます。さすがDATA Discmanのソニー! 串刺し検索ができないのはちょっと残念ですが、地下鉄社内などオフラインでちゃんとした辞書が使えるのは非常に便利です。

あと全く期待していなかったブラウザですが、これも快適な日本語入力とタッチ操作のお陰で結構使えます。炎天下の液晶が見にくいような状況ではスマートフォンのかわりに使うのにいいかもしれません。

この値段でこの性能は大変お買い得ですね。koboの登場でようやくソニーもやる気を出したのでしょうか。今後が楽しみです。



Posted from Drift Writer on my iPad
posted by harupiko at 00:34 | Comment() | TrackBack(0)
コメント
comments powered by Disqus

この記事へのトラックバック
number of comments:
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。