2013年04月02日

没入感が高いヘッドフォンMDR-XB900

つい先日ノイズキャンセリングヘッドフォンを買ったばかりですが、今度は職場での集中用に有線ヘッドフォンを買ってしまいました。

SONY MDR-XB900



今回買ったのはMDR-XB900。長時間使っていても疲れない+遮音効果がある+それほど高くない(+ソニー製)という選考基準で探した結果これになりました。

SONY MDR-XB900



科学的な根拠は特にないのですが、出力に余裕のある大きめのドライバーユニットならば長時間使っていてもきっと疲れないだろうということでなるべくドライバーユニットがでかいものを探しました。

本当はノイズキャンセリング機能とその他盛りだくさんがついたMDR-1RNCが欲しかったのですが、お値段はさらに特盛だったのでさすがに断念。 ですが、結果的にはこのMDR-XB900が大正解でした。

以下は気に入った点:

  • 低反撥ウレタンフォームを使用したフィット感が高いイヤーパッド
  • スケール感あふれる大口径50mmドライバーユニット
  • 絡みにくいコード、折り畳み機構
  • 高級感あるデザイン、素材
  • 値段も高くない(実売1万円)

SONY MDR-XB900



特にイヤーパッドが気持ちいいです。適度な圧力で両耳を押さえてくれて、頭の形にあわせて隙間なく変形してくれるので没入感が非常に高い。これ以前に使っていたのが適当に買った2000円程度のヘッドフォンだったのですが、圧倒的に快適です(当然か)。これはカタログを見た限りではMDR-1RNCにない特徴じゃないかと思います。

そして身につけるヘッドフォンに重要な見た目もメタルパーツやヘアライン加工を使用していてシックでかっこいいです。

音質に関してはいつものように訊かないでください。詳しくないので細かいところはわからないです。とりあえず重低音も余裕で再生してくれてます。

非常にお買い得なので家でも一個欲しいところなのですが、書斎にエアコンがない我が家ではさすがに夏が厳しそうなのでガマンしておきます。ウーン…

Posted from Drift Writer on my iPad
posted by harupiko at 01:02 | Comment() | TrackBack(0)
コメント
comments powered by Disqus

この記事へのトラックバック
number of comments:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。