2014年03月06日

学習リモコンに買い換えた

昨年末、長年使用していた我が家のメインリモコンが壊れてしまいました。
HDDレコーダーのリモコンだったのですがメニューをコントロールするスティックの決定ボタンが効かなくなってしまい流石にどうすることもできませんでした。まあ、我が家の環境で7年持ったのでもう寿命だったんだと思います。

ということで、前から気になっていたソニーの学習リモコンRM-PLZ530Dを買いました。

RM-PLZ530D

といっても何十年も前からある学習リモコンから基本的には進化していないです。学習リモコンといえば同じソニーのRM-AV1000が思い出されます。スマフォもなかった時代、大型液晶搭載でクールだったなあ(やたら高かったけど)。でも21世紀になって人類がたどり着いたのは結局ゴムボタンのこれとは…

気に入った点:

1 マクロが登録できる

複数のボタンの組み合わせて一つのボタンにマクロ登録できます。いま登録しているのはHDMI3をダイレクト切替するマクロ。ソニーのリモコンはHDMI1と2のみのダイレクト切替しかないのですが、HDMI2へ切替→入力切替をマクロ登録してどの入力からでもHDMI3に替えれるようになりました。非常に便利。

2 独立したTV入力切替がある

以前使っていたHDDレコーダーのリモコンはTVモードとレコーダーモードを切り替えて、一つで両方操作することができました。ただ一旦レコーダーモードにすると入力切替ボタンがレコーダーの入力切替になってしまい、TVの入力切替するのにいちいちTVモードに切り替えなければいけなく不便っだったのですが、このリモコンなら独立したTV専用の入力切替ボタンがあるのでどのモードからでも一発切り替えできます。

3 Apple TVモードがある

そして一番気に入ったのはApple TVのリモコンがあらかじめ登録されてること。Apple TVのリモコンは小さいので、我が家ではなくならないように引き出しにしまってあります。そのせいでApple TV自体あまり使わなくなってしまった。これのおかげで普段使うリモコンがそのまま使えるのでApple TVの使用頻度が格段に上がりました。

RM-PLZ530D

これは買った個体に限った話かもしれませんが、電池カバー(背面の青)が結構ゆるくてスルスル外れてしまいます。それ以外は投げても踏んでもなんともなく、さすが赤外線リモコンという感じで概ね満足しています。




Posted from Drift Writer on my iPad
posted by harupiko at 19:40 | Comment() | TrackBack(0)
コメント
comments powered by Disqus

この記事へのトラックバック
number of comments:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。