2015年05月16日

出張にWQHD(2560x1440)のディスプレイが必須かもしれない

3月に発売された23.8インチのWQHD(2560x1440)のディスプレイ、AsusのVX24AHを買ってもらったのですが、なかなかいいです。
Thunderbolt Displayとおなじ解像度を持ちながら価格も4万円ちょっととまあ非常にお手頃なのですが、何よりも注目したのは重量が3.5kgとこの解像度にしては非常に軽量なこと。

というのもbackspace.fm経由でこの記事読んで以来、やっぱり出先でも効率よく仕事するにはでかい高解像度のディスプレイないとダメだよね、仕事の大きさにふさわしい大画面でないと結果は出ないよ、というわけで今度外泊する時用に軽量なディスプレイを持って行こうと思っていました。

職場にはAcerのFull HD(1920x1080)のG336HLがあるのですが、スタンド付きで2.4kgと非常に軽く、これなら持ち運びできそう。でもFull HDだと手持ちのMac Book Air 13と大差ないのでいまいち持って行く気になれず、いろいろ探して見つけたのがVX24AHでした。

仕事もちょうどよく切羽詰まっているときに迎えたGW、帰省先のホテルにさっそく持って行ってみました。

VX24H

WQHDの解像度を持つのですが、これが結構苦労しました。MBA13が2012モデルで同じWQHDのAppleのThunderbolt Displayにはフルスケールで出力できるのでケーブル一本で済むかと思っていたら、どうやってもVX24AHには出せない。
結局MBAからWQHD出力は断念して家のMac mini 2012を持って行くことになってしまった。MBAの接続に関しては色々試したのですがこの辺の話はまた別のエントリーに書きたいと思います。

VX24H

そしてホテルに着いてからわかった、驚愕の事実。わざわざ持って行ったMac mini 2012のHDMIがWQHD非対応でFull HDしかでないという!

まあFull HDとはいえそれでもMBA13より解像度も高く画面サイズも大きいので作業効率が全然違いますね。非常に快適でした。これからは出かける時はディスプレイが欠かせなくなりそうです。
Full HDでいいのならもっと軽い2kgのG226HQLBbidがあるので、今回のように車で移動できない時のためにこちらも買っておこうか悩み中です。

ちなみにこのときホテルで書いたコードは帰宅後リファクタリングにより全て捨てましたorz




Posted from Drift Writer on my iPad
posted by harupiko at 02:57 | Comment() | TrackBack(0)
コメント
comments powered by Disqus

この記事へのトラックバック
number of comments:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。